Yoga Instructor
千葉 有季(ちば ゆき)

筋肉の過緊張による体調不良がきっかけで2004年にヨーガを始め、アーサナ(ヨーガポーズ)の練習で体の力を抜くことを覚える。
体の緊張には心の緊張も影響することに気づき、心と体の相関関係に関心を持ち、心を穏やかに保つ伝統的なヨーガの教え(哲学・理論)を学ぶようになる。
現代のストレス社会において、かつての自分と同じような症状に悩む人が多いことを知り、少しでも多くの人にヨーガの心地良さ、心身の力を抜くことの大切さを伝えたいとの思いから2016年にヨーガクラスを開く。
やわらかい呼吸とともに全身をじっくり動かしながら深いリラクゼーションへ導くスタイルで、働き盛りの世代からシニア世代まで幅広くレッスンを行っている。

東京の多摩地域を拠点に活動中。2020年にオンラインクラスを立ち上げ、遠方からの参加者も増えている。

スワミ・ヴィヴェーカーナンダ研究財団(sVYASA)認定ヨーガ教師

スワミ・ヴィヴェーカーナンダ研究財団 (sVYASA)ヨーガ療法士養成コース(YTIC)修了(2022年内認定取得予定)

シニアヨガ指導者養成講座 修了(UTL)
ヨガ解剖学講座(AKIC)修了
一般社団法人 日本ホリスティックヘルスケア協会 ヨガ安全指導員

♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎

〜アーサナ(ヨーガポーズ)について〜
私はアーサナを行うと、全身に血がめぐり、脳がすっきりして、心が落ち着きます。心が落ち着くと、物事を冷静に見られるようになります。


18年前の私は、長時間のデスクワークで肩こり、首こり、冷え性、めまいに悩まされていました。がんばり屋で無理をしがちな性格も影響していたと思います。
満員電車に乗るのが怖くなり、夜寝る前に全身が震えたり、過呼吸になるなど、自律神経失調状態といわれる症状があらわれ、整体、マッサージ、鍼灸、カイロプラクティックとあらゆるもので症状の改善を試みましたが、私の場合はどれも根本的な解決にはつながらず、原因もわからないままでした。

ところがある日、知人の紹介で訪れた整形外科の医師から「あなたの様々な不調は、筋肉の過度な緊張が原因です」と、初めてはっきりと原因を言われました。

「筋肉の問題ならヨガをしてみようかな?」と、ここで初めてヨガを思いつき、ネットで見つけたヨガ教室に行ってみました。

その教室は、毎週金曜日の夜に区民センターの和室で開催されていました。部屋に入ると畳の上に年配の女性の先生が穏やかな表情で座っていて、「おしゃれなヨガウェアはいらないよ。楽な服装とバスタオル一枚持って来ればいいんだよ」と言われました。なんだかホッとして、ここにしようと決めたのを覚えています。
それから毎週金曜日の夜、トレパンとバスタオルを持って会社帰りに通うようになりました。

当時の私は、クラスへ行くたびに”力を抜く”ことを言われ続けました。力を抜くことで、筋肉の緊張を解く必要があったのです。
できないアーサナ(ポーズ)もたくさんありましたが、できるとかできないとかそういう問題ではありませんでした。
レッスン後は体から余計な力が抜け、頭と目がすっきりし、全身が穏やかに整う感覚がありました。疲れた体が元気を取り戻して蘇るような、さわやかな感覚です。「ヨーガは体操ではない」という先生の言葉、かっこよくポーズをとることがヨーガの目的ではないことをすんなり理解できる感覚でした。
練習を進めるうちに、体が穏やかになると心も穏やかになることに気づき、筋肉の緊張には心の緊張も影響していることを理解するようになりました。

力の抜き方がわかった今は、筋肉が過度に緊張することもなく、かつての不快症状もありません。


ヨーガの一部であるアーサナの実践は、本来、瞑想するための準備段階として心身を鍛えたり整えたりするために行われるものです。
やわらかく深い呼吸に合わせてアーサナを重ねるうちに、自律神経が整い、体は本来あるべき自然で心地良い状態に近づいていきます。

体が自然で心地良い状態に近づくと、心も穏やかに落ち着きはじめ、心身が調和していきます。

力を抜くとは?身体の内側へ意識を向けるとは?
その感覚がどういうものなのか、クラスでは常にそのことをお伝えするよう努めています。緊張で硬くなっている部分に気づき、自分でゆるめることができるようになると、心身をストレスから解放しやすくなります。


身体の柔軟性、骨格、体調、性格は、人それぞれ。他の誰かと自分を比べたり、過去の自分と今の自分を比べても、意味がありません。

ヨーガの目的は心の制御。「今の自分」の心と体を心地良い状態に整えるために、ヨーガの理論に則した快適なアーサナを楽しみましょう。
そして、アーサナの実践を通して心と体の変化を見つめ、ヨーガの教えについて共に考えながら学んでいきましょう。

♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎




Linp


♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎  
心と体に不自然な力を入れている自分に気づき、それをやめていこう。
自分の中から自然に湧き上がる感覚を大切に、自然体で生きよう。
自然体であること、ありのままで生きることをモットーに、活動名をLinpとしました(Live in Natural Postures)。

アーサナ(ヨーガの座法・ポーズ)も”その人の骨格に合った自然な姿勢”で
とらなければ、快適で安定した状態にはなりません。

これからも様々なかたちで Linpとしての活動を続けていけたらと思います。
♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦︎ ♦ ♦︎